大矢ちき

スポンサーリンク

06/11/24
●ちょっと古いネタですみません.

竹本健治『カケスはカケスの森』, 徳間書店, ISBN4-19-124287-3,1990 のカバーおよび本文挿絵が ちき さんです.
文庫版 ISBN4-19-890045-0, 1993 も同じですが,もちろん単行本の方が,絵が大きいです.

あと,青池保子『イブの息子たち』最終巻にも「大矢建設」なるパロディが出て来ます. ちき 顔のキャラクタもいたので,アシスタントで助っ人していたのかも知れません.

06/04/14
●漫画家「大矢ちき」について、
彼女の作品名は「おじゃまさんりゅりゅ」、そして「キャンディーとチョコボンボン」の2冊がリボンコミックスから出ていました。絵は一条ゆかりさんより旨かったかもしれません。

03/02/05
●今のペンネームは「おおやちき」。
新人賞の審査などされてます。

99/09/27
●ネオ歌舞伎の「花組芝居」の、今年度6月〜7月のちらし、 およびパンフレットに、イラストをのせていました。

99/09/20
●大矢ちきさんの漫画、好きでした。 私が中学生の頃(20年以上前)月刊りぼんの読み切りや連載ものを楽しみにし ていましたが、今は漫画作品は見あたりませんね。 私は幼稚園教諭ですが、ある保育業者から納入された、出席シール(園児が毎日、 出席ノートに貼るもの)が、まさしく大矢ちきさんのイラストでした。 ああ、今はこういうお仕事をしているのね、と、知りました。

●あまり詳しい情報ではないのですが… 大矢ちきさんは、1970年代「りぼん」で活躍していた幻の 少女漫画家ですよね。もう漫画は描いていないそうです。 彼女の本は、集英社から(発行は創美社)マーガレット・ レインボー・コミックスで作品集が3巻まで出ています。 私が買ったのはもう10年近く前ですが… これは、後になって出されたもので、リアルタイムでは、 サンリオから「雪割草」が出ているらしいということしか わかりません。 私はもっていませんが、画集も出しているそうです。 古本屋などでさがせばみつかるかもしれません。

●90年頃に集英社から3巻の全集がでました。 白いソフトカバーの大判の単行本です。

●その中に書いてありますが、もうマンガは描かれてないそうです。 今はイラストレーターとして仕事されています。 集英社のこの本は古本屋で時々見かけますか、ねばり強く探せば きっと見つかると思いますよ。

99/07/07
●はじめまして。雑誌COMPOSITEをみてこのサイトの存在を知り、ぜひ追跡し たい漫画家がいるので、メールしました。 名前は大矢ちきさんです。その昔、『おしゃまさんリュリュ』(おじゃまさん かもしれない)を描いていた人ですが、最近どうしているのかわかりません。 また、彼女の漫画自体も古本屋やあのまんだらけでも見つけられません。実は きちんと読んだことがないのでぜひ買いたいと思っています。あと、わたしの 知っている情報としては筑摩文庫から出ている『りぼんのふろくと乙女チック の時代』という本の中で再版された(90年ごろ?)ということが書いてありま した。そっちの本でもいいので、どなたか情報を下さいませ。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク
カスタム検索
依頼&情報は
mail@tsuiseki.sakuraweb.com
までお願いします。

送信前に必ずこちらをお読みください。
スポンサーリンク