白倉由美

スポンサーリンク

03/07/07
●白倉由美は、同居している大塚英志のゴーストライターとして、彼が田嶋昭宇と角川の「少年エース」に連載している「多重人格探偵サイコ」に関する作品を書かれています。但し、マンガではなく文筆の方です。
また、「ロリータの温度」「冬の教室」「アイスクリームの呪い」などの関連作品で、原作や作詞を担当されています。
同じ角川の「スニーカー」という小説雑誌にもたまに連載しています。
あまり表立った活動はしていないうえ、大塚英志も積極的に彼女を表に出す気はないようです。

02/11/16
●小説の新刊「おおきくなりません」が講談社より発売中です。あと、漫画作品「グレーテルの記憶」も講談社より発行予定ですが、発売延期が続いているので、こちらは気長に待った方がいいかもしれません。

 雑誌では、講談社の「メフィスト」に、「やっぱりおおきくなりません」という、「おおきくなりません」の続編を書かれていますので、こちらもぜひご覧になってみて下さい。大きな書店の文芸誌コーナーに置いてあると思います。

02/06/15
●白倉由美先生は現在は小説家として活動されていますが、講談社「X+(エクスタス)」にて「デパートのアリス」を連載されているほか、角川書店より「ミルナの禁忌」「ロリータの温度」(この2冊はハードカバー本)を、角川スニーカー文庫より「セーラー服物語」「夢から、さめない」(「夢から、さめない」は初版が平成9年なので古本で探した方が見つかりやすいかもしれません)を発行されています。
 あと、漫画家時代の作品「セーラー服で1晩中」「セーラー服物語」「贖いの聖者」も角川書店から復刊されています。

99/10/06
●結婚後漫画はやめて小説を書いているようです。CDに漫画付きのものをだしていたような記憶があります。

99/09/24
●白倉由美先生は、現在は漫画家をやめられて、小説家・脚本家・プロデューサーとして活動されているそうです。 漫画家を辞めたいきさつについては、朝日新聞社の『RONZA』という月刊誌の教育について特集した号 (確か96年2or3月号だったと思います。)のなかで、大塚英志氏がご自身の論説で触れられています。 その冒頭で、由美先生のことを「そこそこ売れていた漫画家だった僕の同居人は…」 と書いていて、びっくりした覚えがあります。

99/08/01
●漫画家の白倉由美さん 近頃、新作はだしているのでしょうか???

どなたかご存じでしたら、おねがいします♪

スポンサーリンク
カスタム検索
依頼&情報は
mail@tsuiseki.sakuraweb.com
までお願いします。

送信前に必ずこちらをお読みください。
スポンサーリンク