久木田律子

スポンサーリンク

04/12/06
●以前にも問い合わせがあり返答もあった久木田律子さんの作品が、宙出版の「涙白書」という雑誌に再録されています。「あいうえウリンボ」「とび箱ひとつ」です。

03/09/27
●お亡くなりになったあと、宙出版「絶対泣けるラブストーリー」に「夏まつり」「花子のはなし」(vol.14・これだけは確認)再録ありました。
読みたい方はこの雑誌をチェックされるとよろしいかと思います。

03/02/11
●漫画家・久木田律子さんですが、2002年5月に亡くなられました。
漫画家・山本おさむさん夫人で、「聖」第9巻あとがき(小学館:2002年11月発行)にも、”…本巻第4話「決意」を描いている時、二十五年間の長い闘病生活の果てに私の妻が逝った。”と書かれてあるほか、2002年12月出版「ぜったい泣けるラブストーリー」(宙出版)に「ロクが帰る日」が再録となっており、 『久木田先生は先年、惜しまれながら他界されました。』とありました。
20代から腎臓(ネフローゼ症候群)を患っておられたそうです。ご冥福を祈ります…。

00/09/07
●4〜5年前、なんの番組か忘れましたが、ドキュメンタリー番組に、「F-エフ-」等のヒット作で知られる漫画家の六田登さんが出ていて、その仕事場に奥様がいて「夫人で元漫画家の久木田律子さん」とキャプションが出ていました。私も久木田氏はどうしているのか気になっていたので、結構驚いたものです。久木田氏は、作品とは別に意外に(失礼)可愛い感じで、結構お若く見えました。(また失礼)

スポンサーリンク
カスタム検索
依頼&情報は
mail@tsuiseki.sakuraweb.com
までお願いします。

送信前に必ずこちらをお読みください。
スポンサーリンク