谷しげる

スポンサーリンク

06/08/26
●「まあ、えいさっさー」と言った人は「谷しげる」さんで 奈良を中心に「大道芸・猿まわし」興行をしていらっしゃいます
http://www.furutakikaku.com/html2/tani.html
http://www3.ocn.ne.jp/~vankio/kiyusyouran/h12fuyu03.html
http://www.channel-e.tv/yumetry/006-3.htm
ヤフー検索で「谷しげる」さん検索されれば、情報はいくらでも出てきますよ

06/08/23
●吉本新喜劇で禿茶瓶の鬘を被って「まあ、えいさっさー」とか「まあ、ほいさっさー」とか言った人の近況を知りたいです。二十年位前に東京の劇団(山城しんご氏の劇団?)に入って活動していると聞いた事があります。今はどうしているのでしょうか?大阪に戻って来たいと本人が言っていました。大阪に戻って来ているのでしょうか?近況を知っている人宜しく御願い致します。

01/12/13
●元吉本新喜劇の谷しげるさんは、現在山城新伍の事務所に在籍していて、猿まわしをしていろいろな地方で興行しています。
 ただし、猿の芸はあまりしていなく、昔の「あ〜ら、ごぎげんさん」とかやって、トーク中心でやっているそうです。
 このまえ、ある看護学校の学園祭でやっていたそうですが、昔のギャグをしらない人が多く、あまり盛り上がらなかったと聞きました。

(98/10月以前)
●吉本新喜劇の「谷しげる」っていうおっちゃん役者はサイコーでした。ハゲカツラかぶった小猿みたいな風貌で、一本だけ立てた前髪に赤のリボンをつけて(知らんヒトはどんなやっちゃ、と思うでしょうが)決まって「ハ・いそがし、ハ・いそがし」と舞台に出てくるパターンでまず 拍手を戴き、他の役者と出会うと「ま〜ァ、ご機嫌さあん」または「ま〜ア、えっさっさあ」とやって、皆をコカす。 そして、「まあ、ええがな」と一方的なフォローをキメて、本題に戻る・・・といった、まるでモダンジャズのスタンダードナンバーみたいにテーマがあってソロに入りテーマに戻る、そんな巨星「谷しげる」は今、どこでみれるのでしょうか?。 なんでも、あまりに前借りがひどくてクビになった、と聞きましたが、舞台の右から左に時には投飛ばされたり、滑空したりと、吉本の肉体的過激さを創造していったのはこの人、谷しげる以外の誰でもありません。 「今日はテレビ(の収録)はいっとんのか?」とおっちゃんは舞台前に尋ねるそうです、そして、"入ってない"と判ると舞台のソデからソデまで遠慮なく走ってきて、物凄い勢いで胸でスーッを滑るのです。 "テレビ云々"と訊くのは、カメラが追い切れないから収録があるときは"飛ぶ範囲を狭く"する必要があるからなのです。 どんなアツレキが吉本と残るのかは知りませんが、消したままにしておくにはあまりに惜しいキャラクターです。今こそこの人を探し出して、たるみと、ゆるみの出てきた吉本を再生させなくてはなりません。 よろしくお願いします
●彼は確か若山富三郎さんの付き人をやっておられたのではないか。若山さんの葬儀の時テレビで見かけました。 彼は 肥田堂 という なんばの道具屋筋にある看板屋のテレビCMにも 出ていました。のれんと間違えておこし(腰巻き)を持ってきて「おとうちゃん そりゃわたいのおこしや」 「わちゃちゃ!」 というオチでした。わちゃちゃはこの人のギャグからきてるんですよ。 谷さんと並んで 平 三平さんのおじいさん役もおもしろかったですよ。 足をかっくんかっくんさせて「誰かとめてくれー」 そして首根っこをつかんで(背が低いので)持ち上げてとめてもらうすると「あっりがとさん」といって普通に戻るというギャグがありまし た。 この「あっりがとさん」は坂田利夫風ではなくかねてつ(現カネ テツデリカフーズ)のキャラクターてっちゃんの言い回しです。

スポンサーリンク
カスタム検索
依頼&情報は
mail@tsuiseki.sakuraweb.com
までお願いします。

送信前に必ずこちらをお読みください。
スポンサーリンク