メレンゲ・デル・カミーノ

スポンサーリンク

05/04/09
●友人がメンバー参加していたので、現在の様子を聞いてみました。
バブルのころは、エスケンのカメレオン・ナイトや東京ラテン宣言など、クラブイベントにひっぱりだこで、クスクスやbeginやオルケスタ・デ・ラ・ルスが出演した後楽園ではトリだったり、カルト的なインディーズ・バンドでした。プロアマ混成ダンサー入りの30人強の大バンドで、動きがとりづらく、現在は活動休止のようです。
バンマスの木原勝也氏は、舞台・映画のプロデュース、番組構成・評論などもこなすマルチタレントで、サブカル界のフィクサー的存在でしたが、阪神大震災後、日本を離れているようです。メンバーの一部は、バンマス同士交流があったモダンチョキチョキズ(メジャーデビューも同時)でも活躍していました。
「なるほど・ザ・ワールド」のジングルにも採用されていました。
また、ミック宮川氏がFM番組で絶賛していたのも覚えています。

05/03/25
●「バンド・ミュージシャン部門」追跡依頼お願いします。

バンド名「メレンゲ・デル・カミーノ」
1991年ごろ、世界まるごとハウマッチのジングル挿入曲になっていた、楽天症候群という曲を演奏していたメレンゲ・デル・カミーノというバンドは、現在活動しているのでしょうか。関西出身で、大阪のテレビ局ではバラエティ番組のテーマ曲を演奏していたと聞いています。

スポンサーリンク
カスタム検索
依頼&情報は
mail@tsuiseki.sakuraweb.com
までお願いします。

送信前に必ずこちらをお読みください。
スポンサーリンク

バンド・ミュージシャン部門 リンク