教えてください。

漫画編04-10 2004年10月依頼分

作品名 作者名 など

追跡中の情報を求めています。
情報を送って下さる場合は必ず、日付と、どの情報かをお書きください。(例:09/09/29「北九州の学校が背景などに使われている漫画」情報)
また、あなたが知りたい依頼を募集します。
依頼&情報はmail@tsuiseki.sakuraweb.comまでお願いします。
送信前に必ずこちらをお読みください。






10年ほど前に読んだ少女向け漫画のタイトル

04/12/10
漫画編04-10 日付04/10/31
タイトル 10年ほど前に読んだ少女向け漫画のタイトル

以前、上記の依頼をしたものです。記憶を搾り出して曖昧な依頼だったのに、明確な回答が得れとってもうれしいです。
刑部真芯さんの「禁断」で間違いないです。早速本屋さんにいきます。とても楽しみです。
情報をくださったみなさま、管理人さま、本当にありがとうございます。

04/10/31
10年ほど前に読んだ少女漫画のタイトルについてです。
いくつか違う点はありますが、それは刑部真芯(おさかべ ましん)の「禁断」シリーズによく似ています。
主人公は中学生の女の子で、肉体関係のあるのは兄ではなく、孤児であった少女を引き取った保護者です。
髪を切ってはいけない・生理が始まったので避妊が面倒とか、その辺の鬼畜エピソードはそのまま出てきます。
内容が内容なだけに、編集会議にかけられたいわくつきの作品ですが、2000年に小学館のフラワーコミックス「禁断・秘密の花園」というタイトルで出版されており、続編や外伝(先祖の話)なども出版されています。
普通の本屋でも売られていますよ。
違ったらごめんなさい。

これは刑部真芯さんの「禁断」の初回の話だと思います。
1話読みきり形式ですけど、単行本はすでに3・4冊ほど刊行されてます。ちなみに来月には最新刊が発売されます。
少女コミックCheese!でよく読みきりとして描かれてます、このシリーズは。

 あらすじに関しては他の方が説明してくれるとおもうので割愛します。まだ普通に書店でも販売されてますし、古本屋でもかなり出回ってますのでご自分で確認されるのもアリかと思います。

 しかし・・・けっこう描写が少女漫画にしてはハードな方だと思いますので、立ち読みの際はご注意を(笑)。

10年ほど前ではなく数年前に「禁断」というタイトルの漫画がありました。
刑部真心先生の作品で高校生が「萌子」、お兄さんが「マリヤ」ではないでしょうか?
萌の月経が始まり、朔也が「避妊は面倒だ」というセリフがあったのを覚えています。

違っているようでしたら、すみません。

04/10/30
はじめまして。聞きたいのは漫画のタイトルです。
少女向け漫画で、10年ほど前読んだのですが、舞台は高校生で、女の子の髪が腰くらいまであって、お兄さんの好みで切ることはできない。(今思うと本当の兄ではないのかも) お兄さんと肉体関係があって、(!) 周りの友達は月経が始まっているのに彼女はまだ。。やっと始まったら、お兄さんに「これからは避妊するのが面倒だ」とかなんとかいわれて(ひどい!)で、結局どうなったのか??気になってます。若かったので、嫌悪感でやめてしまったのですが、今、とってもラストが気になってます。決してアダルトではなかったです。分かる方、教えてください。宜しくお願いします。
「ヤングジャンプ」創刊時に連載していた怪獣マンガのタイトル

04/10/28
特別部門・漫画編に追跡依頼をお願い致します。
・「ヤングジャンプ」創刊時に連載していた怪獣マンガのタイトルを教えて下さい。
「ヤングジャンプ」が創刊された時、友人から借りて読んだマンガのタイトルがどうしても思い出せません。
ご存じの方がおられましたら、教えて下さい。
1.創刊号から連載していて、一回4〜8頁ほど。
2.遠い星から地球に出稼ぎにやってきた宇宙怪獣が、怪獣映画や特撮番組の悪役として出演するお話。
3.いじめ役というか敵役にウルトラマンマンという名のスターがいた。
4.絵はわりと可愛かった。(作者は女性?)
5.連載は長く続かなかったように思います。
6.第1話は読み切りのような話で
 撮影に遅刻した怪獣が壊れそうなビルを支えている。
 ウルトラマンマンは光線で怪獣を攻撃、怪獣は倒れる。
 ラストは怪獣プロダクションの社長が「こんな仕事はやめだ」と言う。
7.第2話以降は、第1話で倒れた怪獣がウルトラマンマンにいびられる。
8.最終回は怪獣がクビになって撮影所を去る。
 ウルトラマンマンも新しいヒーローに主役を奪われクビになる。
この作品のタイトル、作者名など、何か情報をお持ちの方がおられましたら宜しくお願いいたします。

以上です。どうぞ宜しくお願いいたします。





10年位前に読んだ少女漫画

04/11/22
10月28日に「10年位前に読んだ少女漫画」を掲載していただいたものです。
皆様のお話しから、まず間違いなく「幻影夢想」だと思われます。
さっそく、古本を探してみます。
ほんとうに、嬉しいです!ありがとうございました。

04/10/29
高屋奈月さんの幻影夢想(げんえいむそう)ではないでしょうか?
主人公は守護師の環で、月華一族と敵対しています。幼なじみの彼女は旭という名で、主人公一族と月華一族が敵対するきっかけであり双方にとって主要人物であった女性の生まれ変わりです。
白泉社コミックスから全5巻が発売されています。絶版ではないようですが、1巻発売が1996年と古いので本屋では見つけにくいかもしれません。

04/10/28掲載分 10年位前に読んだ少女漫画 についての情報です。

高屋奈月さんの幻影夢想ではないでしょうか。
主人公は男の子で、乙矢環(おとや・たまき)。守護師として、人間を護ると彼を愛する少女、旭(あきら)のお話です。
『花とゆめ』のコミックスで全5巻です。

ご参考になさってください。

10年位前に読んだ少女漫画
これは、今花とゆめでフルーツバスケットを連載している人気作家、高屋奈月先生のデビュー作(?)「幻影夢想」です。お互いがお互いを思う様子がとても切なくて、かなり泣ける作品です。全5巻ですが、古本屋でたまに見かけることあります。探してでも読むことお薦めです。

おそらく、花とゆめ(当時は増刊号での連載)の高屋奈月先生の「幻影夢想」だと思います。
今は花ゆめの超売れっこ看板作家で「フルーツバスケット」作者です。
絶版にもなってませんが、古本屋に行けばわりと簡単に手に入るとおもいます。ちなみに全5巻です。

04/10/28
10年位前に読んだ少女漫画です。

主人公は少年で、その彼女の名前が「あさひ(旭?)」でした。
・神道系というか、陰陽道というか、和風ちっくな超能力の力を持つ少年が主人公
・彼女の「あさひ」ちゃんがその敵対する相手のほうについてしまう(というか、彼女は実は敵対勢力の重要人物の生まれ変わり?)
連載物の、たった一回を読んだだけなのですが、妙に気になっていて・・・。
少ない情報で申し訳ないですが、教えてください。
1989年頃、講談社少女フレンドに掲載されたと思われる(もしかしたら違うかも)漫画 04/10/31
10月26日に以下の特別部門 漫画編 1989年頃、講談社少女フレンドに掲載されたと思われる(もしかしたら違うかも)漫画をの依頼をしたものです。

こんなに早くわかるとは思っていなかったので、本当にうれしいです!!!
さっそく探してみます。たぶんそれで間違いないと思います。
情報を入れてくださった方、管理人さんありがとうございました。

04/10/29
おそらく成毛厚子さんの「ノアの子供たち」だと思います。
ラストシーンが印象的でしたよね。ああ、この時の為だったのかって感じで。
講談社ロマンミステリーKC『復讐の仮面』に収録されているそうですが、新刊書店では多分無理でしょうから、古本でお探しになってみてください。

04/10/26
特別部門 漫画編

1989年頃、講談社少女フレンドに掲載されたと思われる(もしかしたら違うかも)漫画を探しています。
お話は、「水泳部で活躍している美しい少女は、自分の足に痛みを感じました。
だんだんその痛みは強くなっていく中、少女はある少年に出会い足の痛みの理由を知り、仲間になろうといわれます。最初は自分の足の痛みの理由を信じられない少女でした。少女は少年の仲間になることを決心し、少年のアジトへ向かいます。ドアを開けた少年の背中には羽が生え、少女の体は人魚のようになっていました。少年と少女は新人類へと変化したのでした。」という内容だったと思います。ご存知でしたら、作者・題名、単行本が出ているかどうか教えてください。よろしくお願いします。


30年近く前に読んだ恐怖漫画
04/10/26
いつも、楽しく拝見させていただいております。
30年近く前のことなんですが、幼少時代に読んだためか、脳裏に焼き付いて離れません。よろしくお願いします。

画風は、楳図かずおさんのような恐怖漫画です。
主役の女性と、同年代の若い男女数名が、パーティー?か何かで洋館を訪れます。でも、主役の女性は、他の男女達にイビラレ気味でした。
洋館には、蚕の幼虫がいて、次々に男女を蚕にしていきます。
若い男女たちは、助からなかったのですが、主役の女性は、蚕から脱皮し、助かったと言ったストーリーです。

ずっと、楳図かずおさんの作品かと思い、色々と探してみたのですが、見つかりませんでした。ちなみに、同じ時期に、楳図かずおさんの怪も一緒に読んでました。





25〜30年くらい前の漫画
04/11/04
10月26日の漫画について載せていただいたものです。
重富奎子さんだったのですね、たぶん、そうだと思います。
さっそく古本サイトで注文しました。
長い間のフラストレーションが解消されました。
管理人さま、情報をいただけた方、大変ありがとうございました。

04/10/29
ご記憶のあらすじを読んでピンときたのは重富奎子(しげとみけいこ)さんの「あくたれエッセイ」です。「読めない漢字だった」という条件には当てはまらないかもしれませんが、作者の重富さんのお名前が難読だったということでしょうか。
主人公の名前は芥川(で、通称あくたれ)父親は三龍大学(つまり三流)の教授でした。高校生活での友人や教師たちとのふれあいや家族との関係を通して成長していく物語だったと思います。
私はコミックスで読んだので掲載誌は定かではありませんが、確か小学館発行だったと思います。かなり厚めで全3巻でした。

04/10/26
初めてみつけて、感動して読みました。
長年の心残りがありますので、お願いさせていただきたく、よろしくお願いします。

25〜30年くらい前の漫画なのですが、当時の私には読めない漢字で名前も題名もわかりませんが、感動して、大人になってからもずっとさがしております。

☆当時、立原あゆみ先生の「回転木馬」というような題名の漫画と一緒に特集のような感じで発売されていました。
ぶ〜けのようなやや小さめの厚い漫画でした。
☆ストーリーは漢文教師の堅物の父親を持つ高校生が大人になるようなお話で、「しおん」という名前の喫茶店のママの女性と恋愛関係になるのですが室堂という札付きと、そのママは魂が求め合っているような関係で二人の間にこの少年は入り込めなかったので、別れるというような非常に切ないお話でした。
☆少年は大人になり、父のことも少し、許せるようになるのです。

どうぞ、題名、作者名などわかりましたら教えてくださいませ。





12年くらい前にりぼん・りぼんオリジナルに掲載された少女漫画
05/01/05
04/10/24
12年前くらいにりぼん・りぼんオリジナルに掲載された少女漫画について送った者です。
お礼が遅くなり申し訳ありません。長い間、胸につっかえていたものが取れたようですごくうれしいです。情報を送っていただいた皆様、そして私の依頼を載せてくださった管理人様、みなさんに感謝します。本当に本当にありがとうございました!早速本屋さんで探してみたいと思います。本当にありがとうございます。

04/12/14
04/10/24「12年くらい前にりぼん・りぼんオリジナルに掲載された少女漫画」について

これは、平成4年・りぼん 春のびっくり大増刊号に掲載された
大石望さんの「あ・ぶ・な・いバイブレーション」ではないでしょうか?
りぼんマスコットコミックスの「2次元のおきて〜少女漫画の受難〜」という短編集の4話目に収録されています。
内容は、主人公の女の子が、好きな男の子にとりついているオカマの幽霊を成仏させる話です。
コメディ色の強い作品というところも同じですので、たぶん合っていると思うのですが。
もし、違っていたらすみません。

04/11/30
04/10/24付 12年くらい前にりぼん・りぼんオリジナルに掲載された少女漫画 の情報です。

お探しのマンガは、大石 望 「あ・ぶ・な・いバイブレーション」と思われます。
平成4年のりぼんの増刊号に掲載されたようです。
このマンガの収録されている単行本は、「2次元のおきて〜少女漫画の受難〜」というタイトルで、10年前の初版のようです。

お探しになっている方のお役に立てれば幸いと思い、メール致しました。

04/10/24
はじめまして。ある少女漫画についての情報お願いします。
12年くらい前にりぼん・りぼんオリジナルに掲載されていたと記憶しています。内容は、主人公の少女の好きな男の子におかまの幽霊がとりついていて、それを退治(成仏?)するという話だったと思います。
全体的にコメディ色の強い作品だった思います。
この作品に関することならどんな事でもいいので情報よろしくお願いします。





数年前(5〜6年以上?)に週刊ジャンプに掲載された読み切り漫画
04/10/21
ジャンプの読み切り漫画の件、こんなに早く、たくさんの情報をありがとうございました。
売れっ子になられていたのですね……(笑)
早速、週末にでも本屋さんへ行ってみます。
ありがとうございました。

04/10/17
これは久保帯人先生の「刻魔師 麗」ですね。
ジャンプコミックス「ZONBIEPOWDER」(全4巻)の3巻に収録されています。
ちなみにこの方、この間TVアニメが始まった「BLEACH」の作者さんですね。
ちゃんと売れっ子になったようです。

10/16の「数年前(5〜6年以上?)に週刊ジャンプに掲載された読み切り漫画」についてです。

懐かしいですね。今ちょうどアニメで「ブリ−チ」(カタカナで失礼)が始まった久保帯人さんの「刻魔師麗」(こくまし うらら)です。
単行本ではZOMBIEPOWDER(ゾンビパウダー)の3巻に収録されています。
お見立てどおり売れっ子になられておられますな〜

『刻魔師 麗』だと思います。
最近、アニメが放送開始になった『BLEACH』の久保帯人のデビュー当時の作品です。

タイトルは覚えていませんがその読みきりを描かれたのは現在「BLEACH」を連載されている久保帯人さんです。前作「ゾンビパウダー」を連載前に発表された読みきりです。

04/10/16
数年前(5〜6年以上?)に週刊ジャンプに掲載された読み切り漫画が気になっています。
作者は恐らく新人さんだったと思うのですが、絵がものすごく達者な人。ストーリーは古代中国?風な世界で、黒髪ショートの美少女が身体のイレズミみたいなマークに使い魔というか式神みたいなものを飼っていて、例えば村人から村を荒らす魔物を退治してくれなどと依頼された時に、その使い魔を召喚して依頼を遂行する、というような設定だったと思います。
何体かいる使い魔のうち、話のメインになっていたのがエ〇ァの綾波レイ似の少女でした。確か足が牛か羊のような蹄だったと。
昔、戦いで当時の主人を失くした時に主人公の少女と出会い、以来彼女のイレズミに住んで彼女に力を貸している……だったような。
あんまり完成度が高かったので「いずれ売れっ子になるんだろうな」と思っていたのですがそういう気配もなく、そのうち私がジャンプ購読を止めてしまったので、その後の消息がわからずにいます。
作者名・タイトルなどご存知のかた、いらしたら教えていただけると嬉しいです。


赤い目のシモン
08/12/29
●里見潤先生です。最近里見潤先生について調べていたのですが、某サイトのある方から教えていただいた作品リストにありました。

別冊フレンド1973年10月号です。

いとこに借りたとのことですが、02.10.16依頼の30年ほど前の少女漫画の方と同じ方でしょうか?

04/10/10
30年以上前の作品なのですが・・・
とんでもなく前のことでごめんなさい。
子供のころ、いとこから借りたマンガ雑誌に「赤い目のシモン」という作品が掲載されていました。
作者や雑誌名は全く覚えていません。
内容さえほとんど忘れてしまったのに、ファンタスティックで、もの悲しいような、さびしいような雰囲気だけはよく覚えてます。

題名の「シモン」というのは、妖精だったか主人公の少女の夢に出てくる男の子だったか、そんな感じです。
その少年が迎えに来るのを、待っているという話だった様な・・・
このマンガについてご存知の方、ぜひ教えてください。
お願いします。





蕨という苗字の女の子が出てくる漫画を探しています
06/01/18
依頼者です
1月12日にお返事を頂いていたのですが、忙しくてしばらくサイトを見ることが出来ず、御礼が遅くなってしまいました
「るか」という名前を目にして、ぱっと記憶が蘇ってきました
題名にも覚えがありますので、「パイナップル・モーニング」で間違いないと思います
廃刊になるまで4年ほどYoung Youを購入していて、「Papa Told Me」も好きな漫画でしたのに、同じ作者の作品だとはちっとも気が付きませんでした
廃刊になっているようで、残念ですが古本屋などで探してみようと思います
本当に、ありがとうございました

06/01/12
榛野 なな恵氏の、「パイナップル・モーニング」だと思います。
女の子の名前は「早蕨るか」ですが、他の設定はほとんど一致しています。
集英社SGコミックス『ビッグキッドブルース パイナップル・モーニング』に収録されています。
最ももう絶版じゃないかと思いますが……。

蛇足ながら、榛野 なな恵氏は『Papa told me』が有名ですので、よかったらそちらで絵柄を確認してみてください。

04/10/08
はじめまして
いつも楽しく拝見しております

本日は、探している漫画についてお願いしたいのです。
20〜25年ほど前に、通っていた整体診療所の待合室で読んだ物です。
掲載されていた雑誌はりぼんかマーガレットかだったと思います(この2冊がよく置いてありました)。
連載ではなく一話読みきりで、蕨という苗字のおてんばな女の子とおとなしい男の子がある日出会い、仲良くなるのですが、男の子の方が両親の離婚か転勤かで引っ越してしまうため離れ離れになる話だったと記憶しています。
離れてしまうことが判ったときに、女の子がすねるシーンで、女の子の父親が母親に何を怒っているのか聞いたときに、母親が「大人の横暴」と答えたシーンが記憶に残っています。
あと、蕨という名前は女の子が男の子に名乗るときに「蕨市の蕨」と言ったので良くおぼえています。 女の子は確か大型犬を飼っていたと思います。
主人公は2人とも小学生でした。

この話の題名、作者名、単行本に収録されているかどうかなど、わかりましたら教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。





「D」というタイトルのマンガ
04/10/07
特別部門・教えてください 04/10/06「「D」というタイトルのマンガ」
「月刊アニメージュ」で連載されていたもので、
 D[di:]全3巻. 著者名, 洞沢由美子
ではないかと思います。
コミックスのサイズはB5版
内容はご依頼人のご記憶の通りだと思います。
現在復刊ドットコムで復刊リクエスト投票にもあげられています。(投票は少なめなようですが)

私も連載中に読みました。
いろいろ調べてみましたがおそらくこれではないかと思います。
(「復刊ドッドコム」にて復刊リクエスト中)
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=15071
主人公の女の子はショートカット、妊娠中の黒髪ロングヘアの女性が出てきます。
遺伝子がXXYで生殖能力がないために生き残っている(黒髪ロングヘアの女性はXXYの子供を妊娠しているために生き残った)ような設定だったかと思います。
しかしこの作者の方、魔法少女もの(ペルシャとか)の作画監督をされていた方なんですね。驚きです。
普通には手に入れにくいでしょうからマンガ専門の古本屋等で探されることをお勧めします。(正方形に近い版型なので目立ちますし)

お探しの本の作者は洞沢由美子(ほらさわゆみこ)さんです。
タイトルは「D」であっています。おそらく依頼者の方が読まれたのはアニメージュコミックス版(1〜4巻)だと思われます。
現在こちらは絶版になっているはずですが、数年前に主婦と生活社、現在の宙出版ミッシィコミックスでリニューアル出版(1〜2巻)されています。
かなり前のことですので入手するのは難しいかもしれません・・・。
がんばってください。

はじめまして。早速ですが、「D」という漫画ですが
作者は洞沢由美子さんです。D[di:]で全3巻出ています。
徳間書店から出ている「アニメージュ」という雑誌で連載されていたかと思います。
現在復刊ドットコムにも出ていました。リクエスト数は少ないようですが…
 洞沢由美子さんは他にも「少女心中」「受難の少女たち」等のコミックも出されているようです。漫画の他には「アップルシード」「魔法のスター マジカルエミ」「魔法のアイドル パステルユーミ」「魔法の妖精ペルシャ」等でキャラクターデザインや作画監督をされています。
 しかし現在は何をされているかは分かりません。お役に立てずすみませんでした。

洞沢由美子のD[di:]ですね。
徳間書店版が全3巻、主婦と生活社版が全2巻で出ています。ただどちらもあまり新しくないのでもしかしたら絶版かもしれません。
ただ徳間書店版はこちらで復刊リクエストしています。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=15071

04/10/06
今から15年前くらいに読んだマンガです。
日本中の人が死んでしまって、生き残ったのが、男みたいな(?)体質の女の子と、性的な能力がない男の子で、共通するのは、体にアザがあるっていう話だったと思います。
その男の子は黒髪で、頭部にアザがあったような・・・。
普通のコミックよりも大きなサイズのマンガでした。
絵は、わりとあっさりしていて綺麗な感じでした。
タイトルは「D」ではないか?って聞いたんですけど、検索してもよく分かりません。
もう一度読みたいので、ご存知の方がいらっしゃいましたら作者名を教えてください。



恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜 HOME 新着情報 過去の新着情報 情報&依頼募集 

バンド・ミュージシャン部門 お笑い芸人部門 漫画家部門 アイドル部門 女優・俳優部門 その他部門 

特別部門 アニメ編 番組編 CM編 ドラマ編 映画編 漫画編 音楽編 その他編