教えてください。

漫画編03-09 2003年9月依頼分

作品名 作者名 など



追跡中の情報を求めています。
情報を送って下さる場合は必ず、日付と、どの情報かをお書きください。(例:09/09/29「北九州の学校が背景などに使われている漫画」情報)
また、あなたが知りたい依頼を募集します。
依頼&情報はmail@tsuiseki.sakuraweb.comまでお願いします。
送信前に必ずこちらをお読みください。







30年近く前の読みきりの少女漫画

04/02/02
タイトルは覚えていないのですが、多分イケスミチエコさんの作品だと思われます。そんなにきれいな手になぜ不恰好な体がついているの、という少女のせりふが印象的でした。ラストは切り取った手をこれも気に入らないと投げ捨てるシーンはありませんでしたか?

03/09/20

多分30年近く前の読みきりの少女漫画です。
年代は(当時の)現代、主人公は大学生くらいの男性、舞台はヨーロッパの片田舎風だったと思います。
そこには周囲の住人が近づこうとしない豪壮な館があって、兄と妹が2人きりで住んでいます。兄は足が不自由な妹を溺愛していますが、妹は兄を毛嫌いしています。
主人公は休暇か何かでその片田舎に行き、どういう成り行きだったかは忘れましたがその館に滞在することになります。
兄は主人公が妹に近づくことを許さず追い出そうとするのですが、妹のほうは主人公を気に入り、主人公も妹を好きになって「君のためならなんでもしてあげるよ」と約束します。
いかしある日、主人公は妹がコレクションしている「手」を陳列してある部屋を見つけてしまいます(人間の手首から先の標本がずらーっと並んでるんです)。妹は人間の体で一番美しいのは手だという妙なポリシー(?)で、館に来る人間たちを殺しては手を切り落としていたのです。
そして妹は「私のためならなんでもしてくれるって言ったでしょう、手をちょうだい」と主人公に迫ります。驚いた主人公は逃げ出そうとしますが、妹に協力する兄に結局殺されます。兄は以前妹の誕生日に自分の手をプレゼントしようとして失敗し手に傷が残ったために妹から「そんな醜い手はいらない」と嫌われていたんです。ラストシーンは館の裏に山積みにされている死体だったと思います。
愛田真○美の「マリオ○ット」に似た話がありましたが、あれよりずっと前です(あれを見た時には「パクリかよ」と思いましたが)。
なにしろ古いので無理かとは思いますが、ご存知のかたがいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。





昔読んだ少女(?)漫画

03/09/19
いつも楽しく読ませていただいてます。

9/16 昔読んだ少女(?)漫画の件なのですが少々心当たりがあるので投稿させていただきます。
本当にあやふやな記憶なので、他の人の情報を待とうかなかなと思ったのですが掲載がなかったので思い切って投稿します。

この作品は柴田昌弘さんの短編です。
多分、朝日ソノラマの「宗三郎・おとこ菖蒲」(平成8年12月25日初版)に収録されている「水の中の猫」と言う作品だと思います。
単行本の後ろに載ってますし。質問者さまの読まれた時期と近いと思います。

ソノラマコミック文庫の「ナノ・セクター」にも収録されているので立ち読みしてください。>質問者さま

03/09/16
10年ほど前に立ち読みした少女漫画(KC系だった気がします)で作者も題名も解りませんが、たしか単行本の後ろの方に載っていたので、表題の漫画と一緒に収録された読みきりではないかと思います。
【内容は宝探し+ホラーのような感じで、もうダムの下に沈んでしまっている村に宝探しに行くという話です。月明かりで照らされた杉の木(?)の影から何歩あるいた所に宝は埋まっているというような内容で、悪い奴らがダムに潜って掘り起こしたけれどそこには猫の骨がグァッ!と出てきただけで、本当は水の屈折率で杉の木の陰の位置が違っていて主役達が正しい位置を掘り起こしたら宝が出てきた・・】というような感じだったように記憶しております。
どなたかご存知の方は宜しくお願いします。


吉川晃司さんのデビューまでのストーリー漫画

03/09/15
吉川晃司の漫画について
森園みるくさんが書かれた漫画なら「KOJIテイクオフ」というものではないでしょうか?
こちらのサイトhttp://loveway-web.hp.infoseek.co.jp/syoujo.htm
にて少女コミック連載当時の表紙が載っています。

03/09/14

はじめまして、どうしても気になる作品があります。
吉川晃司さんのデビューまでのストーリー漫画で、作画は森園みるくさん。週刊少女コミックに1984〜5年位だったと思うのですが、2〜3回の単発で書かれた漫画があったと思うのです。
ず〜と探しているのですが、タイトルがわかりません。
何年の何号に載っていたの情報でもささいなことで結構ですのでよろしくお願いしますm(__)m


リリカに掲載された漫画
03/09/06
今から28年ぐらい前にサンリオからリリカという雑誌がでていました。そこにのっていた漫画で、女の子が川の中で花のかたちをした鍵を拾い、川の中の国へ行くというような話がありました。
子供には少し難しい話でしたが、今でも心に残っておりもう一度読んでみたいのです。覚えていらっしゃる方がいたらぜひおしえてください。





30年くらい前に読んだ漫画
04/05/28
5/24に「館友二さんの「小さな野獣」ではないか」とご指摘を戴きました。
年代的にも、内容的にもこの作品のようです。
また読んでみたいなーと思いますが、単行本などにはなっていないようですね。
でも、覚えていた方がいて嬉しいです。どうもありがとうございました。

04/05/24
これは少年マガジン’71年1月号に読みきりで掲載された館友二さんの「小さな野獣」ではないかと思います。ご記憶の通り小さな男の子が肉親を次々殺して代わりに石だか泥だかで人形を作り、「おじいちゃんも人形になりました」とのセリフがとても印象に残っています。川べりの土手や他に事件の捜査をしていた刑事がふと男の子に目をやり、「まさかな・・・」とつぶやくシーンも覚えています。
館友二さんは同年6月号にも「魂シンガー」という作品を描かれていて、これも印象的でした。

04/04/10
特別部門、漫画編4の03/09/04についてですが、私もよく覚えていませんが、ジョージ秋山さんだとすると「銭ゲバ」ではないでしょうか?「銭ゲバ」なら有名な漫画なので検索したらいろいろ出てくると思います。

03/09/04
こんばんは。
30年くらい前に読んだ漫画がずっと気になっています。

・少年向き漫画雑誌で読んだ
・多分読みきりだったと思う
・男の子が自分の肉親?を次々殺していき、代わりに人形のようなものを作って話し掛けていた場面があったような?
・川原のような場所が出てきた
(あまりに怖くて、多摩川の土手を電車で通った時に、その男の子がいるのでは?と夢でうなされたほど)
・作者はジョージ秋山さんかな?とも思いますが、タイトルも、あらすじもわからないのでぐぐってみてもぴんときません

以上、断片的なことばかりですが、もし分かる方がいましたら教えてください!



恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜 HOME 新着情報 過去の新着情報 情報&依頼募集 

バンド・ミュージシャン部門 お笑い芸人部門 漫画家部門 アイドル部門 女優・俳優部門 その他部門 

特別部門 アニメ編 番組編 CM編 ドラマ編 映画編 漫画編 音楽編 その他編