教えてください。

漫画編03-07 2003年7月依頼分

作品名 作者名 など



追跡中の情報を求めています。
情報を送って下さる場合は必ず、日付と、どの情報かをお書きください。(例:09/09/29「北九州の学校が背景などに使われている漫画」情報)
また、あなたが知りたい依頼を募集します。
依頼&情報はmail@tsuiseki.sakuraweb.comまでお願いします。
送信前に必ずこちらをお読みください。







20〜25年前の少女雑誌に載った読み切りまんが

03/08/04
03/07/30 「20〜25年前の少女雑誌に載った読みきりまんが」に関する情報です。

 03/08/02情報から、作者は森有子さんであると思われます。
 検索してみたところ、単行本は2冊出版されております(いずれも絶版)が、この作品は収録されていないと思われます。
 単行本「ヤギの食べた童話」(マーガレットコミックス)に、美術学校の出てくる話がありますが(作品名は「きらきらと」。デラックスマーガレット1977年秋の号掲載)、依頼された情報とは内容が異なっているように思われます。

03/08/02

20〜25年前の少女雑誌に載った読み切りまんが 03/07/30

そのマンガおぼえてます!!!
美術の先生(男)に「変わった色使いだな…。色盲じゃないのか?」と言われるんですよね?
子供心に「そんな事言う教師がいるかよ!!!」と爆笑したので、そのシーンだけははっきりとおぼえているのです。
でもその部分以外のストーリーやタイトル、作者名はあまりおぼえていません(笑)。
ただいくつか手掛かりになりそうな情報を提供します。

*掲載誌は別マ。
*作者はセッチシリーズで有名な沖倉利津子と同時期デビュー。
*巴里夫に影響を受けたような古臭い画風で、ストーリーも下町人情喜劇みたいなのが多かった。
*他に「せんみつおじさん」というのを別マに描いていた。
*名字は「森」だったかも???
*あとすごいおっちょこちょいの女の子(デザイナー志望?)が主人公の作品があって、主人公の名字が「あらら(荒良?)」だった。主人公が教室のカーテンを体に巻き付けて踊っていると、教師(女)に「あらら***さん!」と怒られるシーンがあった。

これで分かる方はぜひ教えてあげて下さい。

03/07/30

いつも大変楽しく拝見しております。

20〜25年前の少女雑誌に載った読み切りまんがについて教えて下さい。

主人公は小学生くらいの女の子で地方から(多分)東京の学校に転校してきます。
「わたし」を「わだす」としか発音できず、クラスメートから笑われたりしてなかなかクラスになじめません。絵が得意なので図画の時間を楽しみにしていたのに、描いた花の絵の色使いが独特だったせいで先生に「おまえは色盲か」などと言われてますます自信喪失していきます。
クラスの中で一人だけ女の子の発音を笑ったりしない男の子がいてその子と仲良くなります。
途中、なにかちょっとした一悶着があり、最後はクラスメートと仲良くなるのではなかったかなーと思います。(最後は曖昧です)

この物語に覚えのある方、題名、作者名、なんでも良いので情報お願いします。
15年?くらい前の読みきり少女漫画

03/07/30
いつも楽しく拝見しています。
昔に立ち読みしてからずっと気になっている少女漫画があります。ある高校で体育祭を目前にクラスが盛り上がる中、マドンナ的な女の子が「もし、リレー(?)で一位になれる男がいたら、あたしと寝よう?」と発言したので、長髪の(世の中にロン毛ブームが起こる前の話なので、昔のフォークバンドの人みたいな感じ)おちゃらけ男が発奮します。主人公の女の子は密かに彼のことが気になっていて、マドンナのこともよく思っていません。そんな気持ちをよそに彼はやる気満々で、主人公を家に呼んだかと思えばマドンナの隠し撮り写真を見せびらかしたりします。そして実際体育祭でどうなったかは忘れたのですが、男の子ががっくりするようなことが起きたと思います。そして打ち上げをどこかの店で行い、主人公が来たとき「あ、メイクしてる〜」とか友達に言われます。そして主人公は店を抜け出て男の子に「キスして」とか言って、男の子の気持ちが自分に向いてないのを知っていながらキスされる(車のボンネットの上だったような)・・・という話です。私はバンド『ゆらゆら帝国』の初期の頃からのファンで、男の子のイメージがボーカルの坂本慎太郎さんにかぶったので「もう一度読みたい!」と思ったのですが、タイトルも作者名も覚えていません。(少なくとも当時は)有名な方の作品ではないと思います。 絵柄もちょっとくせがあり、男の子もカッコいいわけではなくどちらかというと作者の方はロック好きかなという感じがしました。別冊か週刊の少女フレンドだったかもしれない、と思うのですが・・・。よろしくお願いします!


15年以上前にレディースコミックスの雑誌で短期連載で読んだ漫画

03/07/26
03/7/24 作者は瀬川ちか先生なのですが、コミックスが出てるか教えてほしいのです。内容は、うろ覚えなのですが、たしかもの凄くエッチなのと、女の子が嫌がりながらも、男の子のエッチの上手さに次第に虜になっていく?そんな内容だったきがします。知ってる方、是非よろしくお願いします。





15〜20年くらい前の少女漫画誌に読みきりで掲載されていた漫画
04/01/13
03/7/24 15〜20年くらい前の少女漫画誌に読みきりで掲載されていた漫画についての情報です。

私もこのマンガ読みました。
とても感動した記憶があり、単行本が出ていたら購入したいのですが作者が思い出せません。
確か、13年ほど前だったと思います。私が高校生の頃、従兄弟が生まれ、その従兄弟の子守りに行った時、叔母から買ってもらった本に載っていたので覚えています。
少女漫画ではなく、正統派?レディースコミック系で、確か「july」か「office you」あたりだったと思います。
表紙がリサ・スティックマイヤーで、まだ無名のモデル時代の頃だったんじゃないかな?何年か前に部屋の掃除をしたら出てきて懐かしいと思いつつも捨ててしまったので。
役に立たない情報ですみません。

03/07/24
いつも楽しく読ませてもらっています。
ところで、ぜひ題名と作者を知りたい漫画があります。
15〜20年くらい前の少女漫画誌に読みきりで掲載されていた漫画なのですが、気になって、頭から離れません。
その内容は、一人のキャリアウーマンがいるのですが、彼氏から求婚されているのですが、仕事に一生懸命で、彼の求婚を受け入れられません。
しかし、ある日の仕事帰り、交通事故にあってしまい、
頭を強く打って意識を失います。ところが、その時、天使(または神様)に、「あなたが死ぬまであと4(5)年の猶予をあげます」と告げられてしまうのです。
即死してもおかしくない状況だったので、意識が戻った彼女は彼氏に「今すぐ結婚して!」と泣きつきます。
そして、男の子を一人もうけ、一見幸せな生活を送ります。検査には通うのですが、何事もなく、このままもっと長く生きられるのでは・・・と望みを持ち始めたとき、4年目の冬、雪が降るのを子供と眺めていると天使が迎えに来ます。彼女はそのまま死んでしまう・・と言うエンディングで終わったと思います。
まだ小学生だったのですが、強烈なインパクトを持ったのを覚えています。
どなたか、題名だけでも教えてください。お願いします。





頭が爆発するホラーマンガ
03/07/25
7月22日の「頭が爆発するホラーマンガ」について。

違う気もするけど、楠桂の「ノストラダムスはつぶやいた」(?)のストーリーに似ています。リボン系のコミックスのどれかに収録されていました。おぼろげな記憶でごめんなさい。
こっちは予知能力がある男の子が、どんどん未来を遡っていって1999年を見ようとして死ぬ話でした。

少年チャンピオンコミックス「THEショック怪奇幻想館」に収録されていた話だと思います。

03/07/22

こんにちわ。いつも楽しく拝見しております。

さて、ぼくが教えていただきたいのは10年近く前に図書館で読んだホラーマンガです。

主人公の男の子は人の未来が見える、と言う特殊能力を持っています。友達が「自分の10年後を見てほしい」などと言ってみてあげるのですが、ふと自分の未来はどうなのか気になって、自分の10年後を見ます。が、真っ暗で何も無し。5年後も同じ。その後その子は1年後半年後とどんどん現在に近いところにするのですが、それと同時にどんどん頭が大きくなって行き、「今!」と言ったとたんに頭が爆発して終わる、というただそれだけの話です。
その話がいまだに気になるのですが、図書館でも見つけだせませんでした。
御存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。
よろしくお願いします。


35年ぐらい前の漫画
03/07/20
以前からずっと気になっている漫画があるのですが、なにしろ小学1年ぐらいのことなので、イメージが残るだけでタイトルも作者もわかりません。でもこのサイトを見つけてわずかな望みをもってメールすることにしました。
多分昭和40年〜昭和42年の雑誌小学4年生か小学5年生の別冊付録だった少女漫画です。
ストーリーはほとんど覚えていないのですが、仲が良かった二人の女の子が親の仕事の都合で離れ離れになり時がたってどうにか再会しようとするのですが、その時は一人の少女は病気で死んでしまっていて、最後は残された女の子が海岸で一人悲しんでいるというものです。記憶に残るのはほんとうに単純な断片的な記憶なのですが、当時ピアノ教室に通っていてその待ち時間に教室にあるその漫画を読んだので、バイエルの66番?のメロディーとともに今でもその記憶が蘇り、ぜひもう一度読みたい、読めないまでもタイトルと作者、ストーリーだけでもだれかご存知の方がいればと思いメールしました。よろしくお願いします。





25年くらい前の単行本
03/10/17
7/10「25年くらい前の単行本」の依頼をした者です。遅レスですみません。
情報を下さった方々、ありがとうございました。
残念ながら、楳図かずおさんの作品ではなかったと思います。
教えて下さった「恐怖館のシンデレラ」のストーリーも近いような気もしますが、何しろ記憶があいまいで・・・。
ただ、怪奇漫画という感じではなかった気がします。
「恐怖館のシンデレラ」も機会があったら読んでみようと思います。

03/08/28

03/08/26付でこの単行本は楳図かずおの「のろいの館(赤ん坊少女)」ではないかとありましたが、違うと思います。
「のろいの館」は実はお金持ちの令嬢だと分かった主人公が、赤ちゃんの姿のまま成長しない「タマミ」にいじめられるというものです。
タマミは火事で火傷を負ってはいないですし(ラスト薬品で火傷しますが)、タマミを匿っていたのは母親ですし、主人公は正真正銘その家の娘でした。

火事で火傷をした女性が隠れ住むというのは、森由岐子の「恐怖館のシンデレラ」と言うのにも似ていますが、主人公はお金持ちの家に嫁ごうとしている、また、火傷をした女性は主人公の恋人の焼死したはずの妻ですので、違いますよね…

03/08/26

初めまして、ちょくちょく見させていただいてます。
私も、小学生の頃に、友達から借りて読んだ本に似ていると思うのですが・・・
作者は楳図かずおで、「のろいの館」(赤ん坊少女)ではないでしょうか?!
とても、怖いというか、最後はちょっとかわいそうな内容だったと記憶しています。
違ってたらすみません。

03/07/10
某サイトでも追跡依頼したのですが、分からなかったのでこちらに書かせていただきます。
施設にいた少女が、実は行方不明だったお金持ちの令嬢だということが分かり、お屋敷に引き取られるが、屋敷でたびたび女の幽霊を見るようになる。
実はそれは幽霊ではなく、その屋敷の本当の娘で、家が火事になった時に全身やけどを負い、無残な姿になっていた。
それを、その家のお手伝いさんが地下室かどこかにかくまって世話していた。
確か、主人公の少女は実はそのお手伝いさんの娘だった・・・というような話だったと思います。
作者やタイトルを覚えている方がいらっしゃったら、教えてほしいです。よろしくお願いします。


20年ぐらい前に読み切りで読んだ漫画
03/07/06
いつもこのページを楽しみに見ています。

20年ぐらい前に読み切りで読んだ漫画がありました。

その漫画のストーリーは、ある女性が外国人(白人)男性の英会話講師が好きになって、英会話講師が「お金を貸してくれ。」と「お金は人のため」だとか何とか言ってその女性からお金を取っていました。(詐欺)
最後に女性の策略で英会話講師が頭を剃られて、AV(だったかな?)に出させられた。
という内容でした。私が覚えている範囲内です。
この漫画が載っていたのは女性向けの漫画誌のボニーターかプチセブンかビバプリンセスだったと思います。
タイトルと作者とストーリーの内容が分かったら教えてください。



恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜 HOME 新着情報 過去の新着情報 情報&依頼募集 

バンド・ミュージシャン部門 お笑い芸人部門 漫画家部門 アイドル部門 女優・俳優部門 その他部門 

特別部門 アニメ編 番組編 CM編 ドラマ編 映画編 漫画編 音楽編 その他編